AX

Dim Light Works

閑雲孤鶴に日々之奇日と

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 此処の所ご無沙汰です。何って、家でのんびり出来る時間が。

 ここ2週間、必ず学校に泊まる羽目になっております。
というより、もう家に帰るのが面倒になったら、そのまま研究室で寝る、というスタンスになってきています。既に去年のお泊まり回数を超えました。
良くないですね。別にのっぴきならない事情で帰れない、という訳でもないのに。

 まぁ、理由は全て、パワポでのプレゼン用資料作成のためなんですがね。
先週は課題発表のため。
今週はウチの大学のオープンキャンバスにて、大学紹介用のプレゼンテーション資料作成を教授に頼まれたため。
 てか、そんな大事なの自分ら学生が作っていいんですか。
いいんですか? それじゃあ、しょうがないですよね。
頼まれたら50%の確率でしか「No!」と言えない自分としては、引き受ける他はありません。
--------------------------------------------------------------------------------------------
以下、どうでもいい近況。

 ・夏い
間違った、暑い。というより蒸す。
仕方なく(?)今日甚平を買いました。
タンクトップにジーパン姿なんぞではいられない。家の中でくらいは、だらけて過ごしたいのですよ?

 ・携帯
先週からとんでもなく調子悪い。
具体的には、全然メールが届かない。6時間遅れなぞざら。一日以上遅れて送られてきても困る。
FOMAに買い替えようかしら…

 ・原稿
そろそろ表紙が上がる…らしいよ?

 ・東方
この前メッセにて、
「花映塚をノーコンでクリア出来ない」
と嘆く友人一人。何を今更。
それは単純な弾避け技量が足りないのさ、と頼まれたので見本代わりにリプを取って送る事に。
「イージーで」との注文付き。全くもってお安い御用だ。
そして気付く。
イージーとはいえ、そこまでノーミスで辿り着いた時の閻魔様は、ノーマルの閻魔様本人より強かった…
関係ないけど、弾速の関係か、幽香って難易度上がるごとに速く沈みますよね。
ルナだと2、3分粘ってると勝手に落ちてくれる。ルナの入り口だけでも体験したい、という方は是非どうぞ。(これこそ何を今更か)

 ・パワポ
当分やりたくない。

 ・プレゼンテーション
他の受講生には最悪の心象。もう発表中からひしひしと伝わってきました。
「それでトリか」という心の声まで聞こえた(笑
しかし教授には非常に好印象。何故だ(苦笑
追加とばかりに補足発表したFTA図(その時間の1コマ前の講義中に適当に書いた)も、突っ込まれるどころか褒められた。何故だ(苦笑
昔から人間工学分野、ことさらあの教授の担当分野は、「自分自身は全く興味無い」のに、成績だけはAを付けてもらえる。
本当に謎ですよ…

 ・FD
こう書かれたら、ほとんどの人は何を思い浮かべるのでしょう。
先日、PC演習のTAをやっていた時、1人の女学生がこんな事態に直面しました。

・その日出された課題は、その日の授業時間中に完成・出力して提出する課題。
・彼女はそれを完成。だが出力しようにもプリンターの調子が良くなく、印刷が出来ない。
・仕方なく、自分は他の席に移って、そこで印刷するように促す。
・ファイルを持って行きたいのだが、彼女はいつも持ち歩いている筈の、携帯USBメモリをその日に限って忘れた。

 てな訳で、通り掛かった教授が、その娘にフロッピーを渡したんですよね。
去る教授に、礼を言う女子生徒。
んで、自分に向かって振り返り、一言。
「コレってどうやって使うんですか?」

 その言葉に素直にびっくり。今時の子は、なんて事言いませんよ。とにかく驚いた。もう、そういう時世なんですかねぇ…

 挿入部位も分からなければ、中の開き方もさっぱり分からん、外す時には「『ハードウェアの安全な取り外し』が出てこないんですけど…」
彼女にとっては、まったく未知の新しい装置なんですね。

 どんなモノでも忘れ去られてしまったら、それはもう幻想上のモノ。
FDは今まさに、幻想と現の境界上のモノなのかも。
…えー、でもちと早過ぎないかい?
彼女がたまたま、これまでPCと縁の遠い生活をしてきただけなのかもしれないし。
 そんな言い訳じみた事を考えるのも、自分もその「忘れ去られた側」にまた一歩踏み込んだ世代、って事を認識させられたからかもしれない。
おい、オレ今いくつよ。

 なんて事を、ゼミ室にて先生と語らいながらお茶を飲む。
「もう、そういう時代なのかねぇ」
とおかしくも、どこか寂しそうに笑う先生。
夕刻のゼミ室にはまだ、他の生徒が挽いた珈琲の残り香がしていた。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dimlightworks.blog63.fc2.com/tb.php/7-6e8a4ee7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。