AX

Dim Light Works

閑雲孤鶴に日々之奇日と

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 本日、小さな「旅行」をしました。
冒険、というほど大それた事ではないので、「旅行」という表現の方が意に適っている気がする。
--------------------------------------------------------------------------------------------
 原稿の表紙ですが、背景に手こずって思った様に色塗り作業が進まない、今日の昼下がり。
今日迄が提出期限のレポート・課題等を、無理矢理力技で昨日中に済ませ、今日一日は原稿に専念するために時間を空けた。その甲斐も無く進まない、進まない。

 打ち直しすら不可能な穴が空いた布団を先週新調し、これ以上ない晴天という事で問答無用で干す。
その横での原稿作業。普通の学生達はテスト期間の中。ほんにご苦労様です。

 遅々として進展しない進捗状況。
気分転換も含め、昔の絵をさらっと塗ってみる事にしたのですが…
 昔の絵、という事で見苦しい処は多々在る。だからこそこの絵で、ちょっとした「旅行」をしてみよう、と思い立ったのでしょうか。

 んで、その実験作、もとい「旅行」のお土産がコレ
いつものと何がどう違うの? と聞かれても具体的には答えられなかったり…
 でもきっと違うんです。自分でそう感じたから。

 背景に行き詰ってる事も含め、色々と試して見たい事をコレでもか、と叩きつけた結果がこれ。
 前の方が良かった、何も変わってない気がする、という後ろ向きな感想よりも、自身の中で「何か得るものが在った」と思える作業でした。
それが今塗ってるモノや、今後に活かせるか。そも本当に正しいモノなのかは別の問題として(笑

 こんな感覚も、無駄だったのかもしれない。適当に塗るつもりが、存外真剣になって、塗るのに掛かったかなりの時間分の価値なぞ無いのかもしれない。
 でも無意味ではないでしょう。そうしないためにも明日も絵を描く。

 きっと何か得るものが在った。自分の描いた絵にやる気を出させてもらった。
 たまにはヘタレな自身と向き合って、その裡を旅するのもいいものだ。
 そう素直に感じれた、小さな「旅行」でした。



 …現実と向き合え。まだ表紙が終わってないぞ、オレ………
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dimlightworks.blog63.fc2.com/tb.php/8-fd72c880

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。